文字サイズ

Find my Engaru. 四季を楽しむ町、遠軽

遠軽とは

遠軽:春

北海道の東、オホーツク海にほど近い場所に位置する遠軽町。

瞰望岩は、「見渡すところ」という意味のアイヌ語「インカルシ」と呼ばれていた。そう、エンガルの語源である。

遠軽町に降り立つと、そこにはなんとも北海道らしい雄大な景色。

冬には、銀色の雪原を犬ぞりや馬で踏みしめて。
春には、芽吹く木々と、自然の恵みに舌鼓。
夏には、そうだ、キャンプにでも出かけよう。
そして秋には、日本最大のコスモス畑を見に行くのだ。

遠軽は四季折々で表情を変え、私を待ち受けてくれる。
今日は遠軽の自然の中で、自分と語り合ってみよう。

遠軽:夏

北海道の東、オホーツク海にほど近い場所に位置する遠軽町。

瞰望岩は、「見渡すところ」という意味のアイヌ語「インカルシ」と呼ばれていた。そう、エンガルの語源である。

遠軽町に降り立つと、そこにはなんとも北海道らしい雄大な景色。

冬には、銀色の雪原を犬ぞりや馬で踏みしめて。
春には、芽吹く木々と、自然の恵みに舌鼓。
夏には、そうだ、キャンプにでも出かけよう。
そして秋には、日本最大のコスモス畑を見に行くのだ。

遠軽は四季折々で表情を変え、私を待ち受けてくれる。
今日は遠軽の自然の中で、自分と語り合ってみよう。

遠軽:秋

北海道の東、オホーツク海にほど近い場所に位置する遠軽町。

瞰望岩は、「見渡すところ」という意味のアイヌ語「インカルシ」と呼ばれていた。そう、エンガルの語源である。

遠軽町に降り立つと、そこにはなんとも北海道らしい雄大な景色。

冬には、銀色の雪原を犬ぞりや馬で踏みしめて。
春には、芽吹く木々と、自然の恵みに舌鼓。
夏には、そうだ、キャンプにでも出かけよう。
そして秋には、日本最大のコスモス畑を見に行くのだ。

遠軽は四季折々で表情を変え、私を待ち受けてくれる。
今日は遠軽の自然の中で、自分と語り合ってみよう。

遠軽:冬

北海道の東、オホーツク海にほど近い場所に位置する遠軽町。

瞰望岩は、「見渡すところ」という意味のアイヌ語「インカルシ」と呼ばれていた。そう、エンガルの語源である。

遠軽町に降り立つと、そこにはなんとも北海道らしい雄大な景色。

冬には、銀色の雪原を犬ぞりや馬で踏みしめて。
春には、芽吹く木々と、自然の恵みに舌鼓。
夏には、そうだ、キャンプにでも出かけよう。
そして秋には、日本最大のコスモス畑を見に行くのだ。

遠軽は四季折々で表情を変え、私を待ち受けてくれる。
今日は遠軽の自然の中で、自分と語り合ってみよう。

の遠軽